エキサイトブック

話題の映画や、気になる本、感動する本、話題になる本をご紹介していきます

話題の本 面白い本、また映画、DVD、音楽も含めご紹介をしていきます


アフィリエイトA8.netを読み解く

アフィリエイトって

いままで何度となく出てきたアフィリエイト

本を読んでいても

わかったつもり感があって

不安げでした

 

本日はできる限り時間を使って

アフィリエイトに理解をしようと

実行しました

f:id:hearty_koji:20190108081814j:plain

 

まずやったこと

ASPの大手企業への登録とやり方を勉強です

 

A8.netのサイトをまずは眺めてみる

何が書いてあるか

初心者向けのどんな説明が書いてあるかを

読みました。

A8.netの画面

f:id:hearty_koji:20190108062642p:plain

 

 何かいっぱい書いてあるな~ということで

何をどこから見ていいのか。

まずは、上の方から見てみます

f:id:hearty_koji:20190108063430p:plain

まずは広告の貼り方を説明です

f:id:hearty_koji:20190108063604p:plain


広告のプログラムを探す部分です

f:id:hearty_koji:20190108063919p:plain


業種別に分かれています

でもでも、何をどのように選んでいいのか

今一つピンときません

 

さらに下へ移動すると

追加したい条件を指定されています

f:id:hearty_koji:20190108064453p:plain

 頭の中は疑問?でいっぱい

何をどうするの。

 

一番上はプログラム種別って?

2つの選択肢があります

まずは1つ目、指定なしとセルフバックとの選択です。

指定なしは、なんとなくわかります。

セルフバックって?

f:id:hearty_koji:20190108065602p:plain

これは簡単にいうと

自分で買うということですね

自分で買ってみて、それからその商品のことを

アフィリエイトしてもらうという仕組みですね。

商品のことを知らずに

人へ薦めることを思うと

まずは自腹を切って商品を知る

それはその通りだと思いますね。

f:id:hearty_koji:20190108065836p:plain

f:id:hearty_koji:20190108065900p:plain


 

f:id:hearty_koji:20190108065917p:plain

f:id:hearty_koji:20190108065929p:plain

f:id:hearty_koji:20190108065929p:plain

 

ここでは、何を自分は紹介していくかを

決める必要があります。

どの分野にするか

自分は何が得意なのか

そのあたりを決めておく必要があります

 

セルフバックというのは

自分で商品を買ってみて

買った分は設定に沿った成果報酬も与えられるという

ものでした。

 

私は営業職を長くしてきました

自社の商品をしっかりと知って

その特徴や利便性を伝えることで

ご注文をいただいてきました。

 

営業の世界では

商品より営業している個人にお客様がつくと

言われます。

それは間違いはないと思います。

 

会社で最初に見た

てんびんの詩」を思い出します

鍋ふたを販売する、まずしい少年が商売の原点を学ぶ

近江商人の基本を描いたものです。

感動したのを覚えています。

 

物を人に売るということは

価値を伝えることに他なりません

 

その価値を知らずに売ることは

人を騙すことと何ら変わらないのでは

ないかと考えます。

 

買ってくれた人が

「よかった」「買ってよかった」と思ってもらうこと

が一番大切。

 

世の中に役立つものを販売してこそ

未来があるように思います。

 

2018年の後半からNHKで始まった

朝ドラ「まんぷく」を横目で見ながら

書き進めていますが、「まんぷく」の

主人公は安藤百福さん。

 

後の日清を起業し、「インスタントラーメン」を

世に出した人で有名です。

安藤さんの根底にあるのは「人のために」があったと

思います。

 

話をもとに戻しますが

アフィリエイトは広告に他なりません

人のためになる商品を販売して

喜んでもらってこそ、成立します。

 

成果報酬に目がくらんで

そこにお客様が不在な時は

続くビジネスとは言えないでしょう。

 

などと考えていると

アフィリエイトのこの後がなかなか

進まない。

 

と、ここで私がやりたいことは何なのか

自分がどこを目指しているのかに

立ち戻ることが必要だと。

 

迷ったときは、立ち止まる。

山に迷ったとき、あっちかな、こっちかなと

動くと、余計に迷うということがあります。

 

まずは立ち止まる

足元を見る

 

惑わせれないことが大切

先に記述した

てんびんの詩

少し新しいところで

本田 健氏の

電球を販売することから学ぶ

ユダヤ人の大富豪の教え」に学ぶ

 

焦ってはダメ

まず今、するべきことは何かを

考えるよう立ち止まる

でも手を止めない。

 

今日はこのあたりで・・・。