エキサイトブック

話題の映画や、気になる本、感動する本、話題になる本をご紹介していきます

話題の本 面白い本、また映画、DVD、音楽も含めご紹介をしていきます


1日10件 売れるアフォリエイト記事の書き方

1.タイトルを決める

f:id:hearty_koji:20190109225308j:plain

まずは最初に見られるところです

狙っているキーワードをタイトルに入れる

(H1に入れること)

ブロガーそのものが有名なときはタイトルに関係なく

アクセスがある

本の背表紙と同じでる

タイトルには大事な答えを書かない

文字数は30文字以内に収めること

目を引く興味を持たせるキャッチーを入れる

ネガティブタイトルはやめたほうがいい

 

数値を出して具体性を持たせる

漢字、ひらがな、カタカナ、数値を入れてみる

 

2.構成を決める

見出しを決める(見出しタグ)

h1、h2、h3、h4、h5、h6の関連性を持つこと

h1の重要度が高い

f:id:hearty_koji:20190109224407p:plain

見出しから書き始める

hタグにもキーワードを入れてほしい

 

階層構造と整える意味は

検索エンジンからの評価を得られる

・読者の利便性を図る

などがよくなる。

ライバルブログの構成をみる

ライバルサイトは最低3サイトくらいは

参考に見てみましょう

 

3.ライティングのコツを決める

ライティングのコツ

①ペルソナ設定を持つ

設定した年代の人へ手紙を書くつもりで書く

商品など設定した年代に合わせる

②中学生でもわかるような文章を書く

スマホからでも見られる文章を書く

③冒頭で読者の心をつかむ

冒頭で答えに近いものを書く

④最後に話をまとめる

読者に何をしてほしいかを書く

商品やサービスの良さを最後に書く

SEO対策を行う

1位を目指す

ライバルサイトを見て勉強する

具体性や独自

性のあることを書いている

誰にもない専門性がある

グーグルサイトは多様性を求める

ライバルサイトの文字数を観察する

1位に5000文字書かれていたら

そのくらいも文字数は必要ということで

判断する。

⑥文中にキーワードを含ませる

文中にキーワードは5~7%程度含ませる

ただ読みずらいといけません

⑦記事のデザイン

色や文字サイズなど

あまり多用化するとみずらいものになる

画像の入れ場所で迷ったら見出しの下に入れる

写真以外にも、グラフや図なども入れると見やすい

 

やってみて結果を検証し

改善に取り掛かること