楽しく喜ぶ♪通信|エキサイトブック

話題の映画や、気になる本、感動する本、話題になる本をご紹介していきます

話題の本 面白い本、また映画、DVD、音楽も含めご紹介をしていきます


通常の物販とブログ

共通項はお客様(読者)に好かれること

一般的な営業とブログを書き続けることの相違を

考えてみました。

f:id:hearty_koji:20190120223423j:plain

(通常の営業)名刺を持って営業します

(ブログ)プロフィールを作成する

お客様(読者)に知ってもらう

 

(通常の営業)名刺に自社の強みを書く

(ブログ)テーマを書く

お客様(読者)に対して、何を販売しているのか

何を書いているのかを明確にする

 

(通常の営業)名刺に所在地・連絡先を書く、写真を入れる

(ブログ)アイコン、ネーミングに工夫する

お客様(読者)に親しみを感じてもらう

 

(通常の営業)面会、の後は礼状を送る

(ブログ)「いいね」ボタンを押す

これはお客様(読者)に気にいられること

 

(通常の営業)DMを送る

(ブログ)SNSなどで記事をアップする

お客様(読者)をどのくらい喜ばせることが

できるか。お客様(読者)の心に刺さるような

情報や商品サービスを提供する。提供を継続する

ことで人は覚え、記憶にすりこんでいきます。

 

ここで重要なことは、

「報いを求めない親切なこころ」

へんなした心があると、

お客様(読者)に見破られてしまいます。

 

 DMやはがきをコミュニケーションツール、

ブログではメルマガ、いいね、リッイートなど

 

DMやはがきで学んだセオリーがあります

鉄則は「お客様の関心事を考えよ」

まさにマーケティングだと思います。

 

行っている作業は違うけれど

根底に流れるものに大きな違いが

ないように感じます。

 

ある生命保険会社のトップセールスマンの

話を聞いたことがあります。

 

その彼は、お客様とつながりを持ったとき

生命保険の話は一切しません。

定期的にお葉書をお送りしていたそうです。

 

そのはがきには生命保険の売り込みは一切

書いてありません

 

翌年も翌々年もDMはがきを出し続けます。

 

あるときお客様の家族に変化が生まれます

 

お子さんが誕生したのです

 

お客様は自分の子供の将来を考えて

自分がいましておかなければならないことは

何か、考えたそうです。

 

そうしたら、万が一のことを考え保険に入って

おこうと感じました。

 

その時にお客様が何を考えたでしょう、

 

そう、保険=「はがきを送ってくる人」という

図式が頭に浮かんできます。

 

そうだ、彼に聞いてみようと

彼は電話をします。

 

自分が何かあったときのために

保険に加入したのです。

 

お客様にとってこれは

保険=「はがきをくれる人」という

ことになっています。

 

このようなストックお客様を何人も

以てこのセールスマンはトップになって

います。

 

まさにブログの世界も読者を保有することに

他なりません。

 

根底は同じもの

人間の成功のセオリーがここにも

あります。