エキサイトブック

話題の映画や、気になる本、感動する本、話題になる本をご紹介していきます

話題の本 面白い本、また映画、DVD、音楽も含めご紹介をしていきます


死ぬ時くらい好きにさせてよ 樹木希林

樹木希林という女優が昨年亡くなりました

今 書店には彼女の本が多く置かれています

 

彼女は1943年生まれ2018年9月15日の亡くなりました

享年75歳でした

 

70年代にはテレビドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家

などをはじめ数々のドラマに出演

テレビCM フジフィルムには連続出演していたのが

特長的ですね

 

f:id:hearty_koji:20190402055758j:plain

       (写真;樹木希林 120の遺言 宝島社より)

私から見たらユニークな女優さんという風に

映っていました

 

そんな希林さんの言葉もユニークで

哲学的なものから数多く残っていたようです

 

 樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ [ 樹木希林 ]

 

本書は彼女の言葉を読者さんにとって

いろんな人生の壁に直面した時に

立ち向かうヒントになればとまとめられた

ものです

 

本書は第一章から第八章でまとめられております

第一章は「生」についてから始まっています

 

一つ一つの言葉は映画、ドラマでインタビュー

された言葉を厳選しています

 

一番最初の言葉は好きですね

 

幸せというのは

「常にあるもの」ではなくて

「自分で見つけるもの」

 

この内容の言葉はよくある哲学的な

ものからくるものでなく

 

何でもない日常や 取るに足らない

ように思える人生も

 

面白がってみると

幸せを見つけられるような気がすると

 

乳がんを再発して

自分の死というものを自覚した

希林さん

 

淡々と生きていかれたのではないかと

想像しています

 

№114に書かれた言葉

 

覚悟っていうのをすると気楽なんですよ

 

この言葉を発した時からは13年は生きて

いらっしゃるんですけど

相変わらずテレビ、ドラマには

円熟味のあるおばあちゃん役、を演じていた

樹木希林さん

 

最終頁をご紹介します

お亡くなりになる三か月前に

インタビュー時の言葉です

 

 

いまなら自信を持ってこう言えます

今日までの人生

上出来でございました

これにて おいとまいたします

 

 

樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ [ 樹木希林 ]

 

 読んでいて なるほど

希林さんらしいと微笑ましい言葉

面白い考え方だな~と思う言葉

笑えて元気をもらえる言葉のお贈り物です