エキサイトブック

本・映画など。または未来日記を書いています

持たないといけないのは学校で貰ったコンパスでなく「魔法のコンパス」だ

キンコン西野亮廣氏の文庫本を手にしました

 

新 魔法のコンパスです

魔法のコンパス

大きく三つの章から構成されている

 

1.お金

2.広告

3.ファン

文庫本として読みやすいと思います

 

西野氏に興味を持ったのは

ホームレス小谷さんのミニセミナーに

参加してからです

 

小谷さんの口から出てくる西野氏への

評価に大変興味がわきました

 

中でも一番 お金についての下の言葉

 

キミの収入を増やすには

キミの希少価値を上げるしかない

 

ここに書かれているように

 

人は努力したことが価値として

お金=賃金をもらえるかの如く錯覚を

していまいがちです

 

賃金とは、技術力や知識や経験、努力を

することではなく「希少価値」だということ

 

基準値として

「1万時間の法則」の話を上げています

 

概ね何かに集中し1万時間を費やした場合

1人前のスキルを持つとされる定説のような

話をもとに書かれています

 

1万時間の法則とは

概ね1万時間を費やした仕事というものは

100人に1人の人材になるとしたものです

 

1万時間とは具体的にどのくらいか

1日の労働時間が8時間とすると

10,000時間÷8時間=1,250日

1,250日÷365日=3年4か月と算出できます

 

まぁ、諸説があるので疑うと話が先に進まないので

話を先に進めます

 

100人いる社員の会社としたら会社の

中で唯一 〇〇のことなら〇〇氏に聞け

と言われる存在になること

 

同じ会社で同じ仕事をしていてさらに

希少価値を上げるのはなかなかハードルが

高いですね

 

しかし、西野氏が放つ言葉は

 

専業ではなく 副業でもなく

複業になるべく 職業の掛け合わせで

大きくなると。

 

例えば、本業×作家×コンサルタントだと

した場合 各々の職業で100人に1人のスキルを

持つと

 

100人×100人×100人=100万人の人材に

なっていきます

 

それが希少価値となっていくと。

 

 

自分の目的に対して何をするべきかを

自分に問う

 

非常識だと揶揄されても

人生は自分のもの

 

世間のルールに合わせる必要はない

 

常識なんて明日には変わるんだから

非常識で結構

 

 常識に捉われない発想の豊かな頭脳に

読んで 「面白い!」

 

ただ読んで、面白かったでは

終わらないことが大事ですよ

新・魔法のコンパス

西野 亮廣 KADOKAWA 2019年05月24日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

 それでは また ありがとうございました