エキサイトブック

話題の映画や、気になる本、感動する本、話題になる本をご紹介していきます

話題の本 面白い本、また映画、DVD、音楽も含めご紹介をしていきます


西郷隆盛 命もいらず名もいらず

江戸幕末の英雄といえば

必ず名前が上がる西郷隆盛

 

f:id:hearty_koji:20190901221805j:plain

先にNHK大河ドラマでは「西郷どん」(せごどん)

で大変楽しませてもらいました

 

 薩摩藩(鹿児島県)出身の生い立ちから

主君 島津斉彬に抜擢されていく姿や

盟友 大久保利通との関係など

西郷どんを彷彿させる物語を

著者 北 康利さんは書き上げています

 

幕末の大きな時代の変化の始まり

黒船ペリー来航から大政奉還 明治維新

までにかけまくる西郷隆盛

 

明治政府の重鎮となりながらも

大久保との確執から自ら政界を

退き鹿児島へ戻り隠居生活をおくる

 

しかし、時代は西郷を放しておかず

反政府のリーダーに担がれていってしまいます

 

最後は西南戦争で死を迎えます

 

死後も西郷隆盛の人柄は明治天皇からも

庶民からも慕われていたことは事実です

 

西郷隆盛は日本人の持つ倫理性と精神性

たいへんに高いものでありました

 

彼の教え敬天愛人

天を敬い人を愛すること

 

彼の教えを後世にまとめた書物には

「天は人も我も同一に愛し給ふゆえ、我を

愛する心を以て人を愛するなり」という言葉を

残されている

 

内村鑑三さんは彼をキリスト教

極めて近い位置にあると述べるくらい

人類に対する深い”愛”があったと思わざ

るを得ません

 

この物語は西郷隆盛の最後シーンまで

詳細に記述されており初めて知ることも

ありました

 

西郷隆盛の魅力に触れてみませんか

 

 

命もいらず 名もいらず  西郷隆盛 (WAC BUNKO 265)

命もいらず 名もいらず 西郷隆盛 (WAC BUNKO 265)